1105
何で手首に重みかかりそうな持ち方をわざわざするのか^^;



ところで実はじいちゃん、大きな病気をして数か月間入院してました。
春休みに入る前ぐらいに病気が発覚してすぐさま入院しまして、
病気自体の重さもさることながら、元々の持病のせいで最大限の治療が出来ず
そのまま病室から一歩も出られず終わる最悪のケースも覚悟してくださいと医者には言われていました。

その時まだじいちゃんは生まれたシンに会ったことがない状況でしたので
会わせることが出来たら…と思い、それもあって春休み帰省しましたが
状態が悪く家族や妻も面会謝絶で、病室にこちらが入ることも向こうが出ることも出来ないので
五階の病室と病院前の駐車場とで遠い窓越しに何とか手を振ることが出来ただけでした。

このままシンを抱っこもさせられないままかも…とも思いましたが
幸い薬が非常に体に合っていたらしく、数か月で寛解することが出来ました。

今回腱鞘炎だからとかでこんな抱っこの仕方でしたが(笑)
それでも喜んでましたし、シンを抱っこしてもらうことが出来て本当に良かったと思います。



ちなみにじいちゃんが入院してた春休みには
冠婚葬祭以外で帰省しない私の姉も帰省しまして、コウやシンに初めて会いました。
しょうちゃんとコウにばあちゃんが
「むぎこちゃん(仮名)のことは、むぎこちゃんって呼ぶのよ。
絶対におばちゃんって言っちゃだめよ~怒られるわよ~」
と言い聞かせていましたところ
1106
という初対面になりました(笑)
(しょうちゃんも0歳の時会ったきりなので初対面みたいなもん)
大変仲良くなって目一杯遊んでもらっておりました。
子供たちは別れを寂しがっておりましたが、次回会うのはいつになるやら。
しかし「金と時間がもったいないし、お互い無事なら帰らなくてよくない?」という姉の考えはよく分かる…。
私も独身で子供がいないなら実家に帰省するのは数年に一度だろうと思う^_^;


新刊発売中です!
912m4y8lYRL



※コメントへのお返事は普段コメント欄にてさせていただいてます。
お返事しそびれていることもあるかもしれません…よろしくお願いします~

18EDXVVB
↑ブログランキングに参加しています。
一日一回ぽちっと応援してもらえると嬉しいです!