※本日二回目の更新です。おもちゃのモニター記事です。



タカラトミーから発売されているディズニーのタブレット型おもちゃ
ワンダートイパッドを試してみました。
m1
対象年齢1.5歳~。
ネットに接続してアプリを増減できるものではなく、
初めからゲームが入っているタブレット型のおもちゃです。
ネットには接続できません、お間違えなく!!


さて早速やらせてみます。
m2

スイッチがあると押さずにはいられない…

電源ボタンを手でガードしてなんとかメニュー画面に入りました^^;


とりあえず塗り絵をやらせてみます。

m3

ペンで塗り塗りするというより、
イラストソフトで絵を描かれる方は分かると思いますが
ペンキツールで色を置いているという感じです。
タッチするだけで色塗り完了です。


このおもちゃ1.5歳~対象というのも納得、
かなり簡単なゲームが多いです。
出来た!という実感とやる気を持たせるのが目的という感じ。

おなじ「おえかき」アプリの「かたちをかこう」なんかは、
点線で丸や三角が画面に表示されてそれをなぞるものですが
ものすごく大雑把ななぞり方でも綺麗な丸になります。

運筆の練習というよりは
やる気を引き出すこと、正しい丸はこれだよと教えること、が主眼のようです。
(ちなみに自由にお絵かきするアプリもあります)

また、幼い子向けの「はじめまして」アプリは
タッチするだけ、傾けるだけ、というものが多くとくに簡単。



普通のスマホやタブレットでは余計なところを触られるのも困りますし
勝手にネットに接続されるのも困るので

一歳半からタッチパネルに慣れさせられる
お勉強おもちゃとして良さそうかなと思いました。