(注;現時点より一週間以上前の話です)
1


2
続きます。


悩みに悩みましたがついに使いました。
これです↓
たぶん今、このタイミングなら上手くいく…と思って塗りました。
でも失敗する可能性ももちろんある。
一度失敗したらおそらく再度塗るのは難しいし、きっと指しゃぶり癖はもっと強くなる。
賭けではありました。

でも私から見れば、そのまま自然に任せ続けるという選択肢も同じくらい「賭け」でした。
もしも自然にやめることが出来なかったら、長期間継続し続けた癖はよりやめがたくなるでしょうし
幼稚園に入って羞恥心からやめたとしても、幼稚園に入る年の四月、息子はすでに4歳。

大人になって続けていても歯並びに影響はなかったという方の話もたびたび聞きますし、
おそらくしゃぶり方と顎の発達具合、その他要因によって影響の出る出ないがあるのだと思いますが、
息子もそうであるという保証はどこにもありません。

加えて、息子のしゃぶり方は
手のひらを上に向けて人差し指と中指をしゃぶるというもので、
とくに仰向けで寝ている状態では右腕の重みがそのまま前歯にかかりますので
よくある親指吸いよりも、前歯を外に押し出す力が強くかかっているだろうと思われました。

そして何もせずに「指しゃぶりの影響で」歯並びや口周りの骨格が変わってしまったとしたら、
(指しゃぶりによる影響が相当酷い場合、歯並びが悪くなる見た目の問題だけでなく
上顎の骨格自体が前に出るように変形して上の歯と下の歯が噛み合わなくなり、
食事の咀嚼や発声にも影響が出ると、以前歯科検診時に話を聞きました。
また、それ以上に根本的問題があると、②のコメント欄で歯科矯正医さんが
コメントしてくれていますので、気になる方はそちらもご参照ください。)
果たして私は自分を責めずにいられるだろうか…と思うと、確実に責めるんですよね、きっと。

もちろん指しゃぶりに関係なく歯並びが悪くなることも多々ありますが^^;
それはもう仕方ないことですので、それはそれ。

次回は塗った後の息子の反応です。




-------------------------


7月末まで開催中のブログ総選挙に参加しています。
一票いただけると嬉しいです!!
投票方法は画像↓のリンクから



以下3つのランキングに参加しています。
一日各一回のクリックで反映されますので
ぽちっと押して応援お願いします!!
子供服・子育てブログランキング