395
「そらとぶクレヨン」という絵本です。
クレヨンで描いたくじらに子供たちが飲み込まれるシーンがあるんですが
おそらく一回目、二回目読んだときは何が起こっているのかよく分かっておらず、
三回目になってようやく理解して怖くなったんだと思います。

「出てきたね、みんな無事で良かったね」と言うと「ん」「ん」と何度もうなずいておりました。
食べられる→怖いって認識は、本能か何かで分かっているのかな。
教えたことでもないので不思議。


シリーズの「せんろはつづく」「つみきでとんとん」が凄く良かったのでこちらも買ったんですが、
他二冊に比べて幻想的というか、現実的でない描写があるのでパッとわかりにくいかもしれません。
「せんろ」と「つみき」は気に入っていてよく読めと持ってきます。
線路をどうやって敷いていくか、どうやって積み木で遊ぶかが分かる良い絵本です。


以下3つのランキングに参加しています。
一日各一回のクリックで反映されますので
ぽちっと押して応援お願いします!!
子供服・子育てブログランキング