2013
2013b2013c
2013d

私の小学生の頃は…額が少なすぎたからすごい意地汚くなってたかな~とも思いますけどね。
中高生になって月1000~3000円で貰えるようになってからはそんなでもなかったかも。
田舎な上に性格がインドアなのでお金使う先が無かったですしね。大抵漫画と小説に消えていた(漫画や雑貨等の娯楽品は絶対に買ってくれない家だった)。

かといって、じゃあ満足する額を毎月定額で与えてもらえばよかったのかというと
意地汚くはならないだろうけどそれはそれで「もらえて当然」という意識はそのままだったとも思うので…

誰もがそうではなく性格によりけりだとは思いますが、でもやっぱり自分のようにはなってほしくないなと色々考えた結果
努力さえあれば本人の必要な額に達することも出来る歩合お手伝い制に決めました。
お手伝い一個一個の単価は年齢に応じて上げていこうかとは思ってますが、貰い過ぎにはならないようにひと月の上限額は決めます。

ただ、たぶん大きくなって勉強や部活で忙しくなるころには
おそらく 定額+お手伝い歩合 に変えるんじゃないかと思います。
決まった定額のお小遣いをあげて、足りないとか貯めたいと本人が思う時にお手伝いをする形で。
小学生の今の時期に「働くことの意味・お金を大事に使おうという意識」が根本に出来れば
後々もそれは残ると思いますし、それで十分かなと。
中高生にもなればとくに勉強や部活にこそ時間が必要ですから、その中で「お手伝いしないならお小遣いはゼロです」とするのは可哀想なので。


あと、以前にツイッターで
「子どもに家のコーヒーメーカーでカフェをやらせて、親を客としてお金をとらせる」
→その売り上げで子どもは次の豆を買って、また売り、利益が子供のお小遣いになる
…というのをやっているご家庭を見てなるほどな~!お店の経営を学ぶんだ、面白いな~!と思ったんですが

常時それをやるのは我が家では大変かな…と思うので
夏休みの間のみで、子どもがモーニング屋さんになるとかやってみても面白いかなと思ってます。
トーストとコーヒーとサラダくらいのメニューで、何をいくらで仕入れて売り上げはこうで…というのをノートにつけてもらって。


シンのお小遣いは、まだ4歳で色々と区別がついていないので、ちゃんと区別がつくようになってから始めたいと思います。たぶん小学生入ってからでしょう…。
(ただ幼児期も、お店に行った際に小銭を渡して、自分で計算して駄菓子を選択し自分でレジに行って買う…という経験は積ませます。親は隣にいるけど口出ししない感じで。コウの時もよくやってました)

問題はシンとコウでどう役割を振り分けるかですね…!
夏休みモーニング企画も、二人とも「僕がやる!」となったらどうするかな~…


18EDXVVB
↑ブログランキングに参加しています。
一日一回ぽちっと応援してもらえると嬉しいです!